患者さまのお悩み PMS(月経前症候群)

鍼灸指圧永楽堂

03-6886-8297

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル506

【営業時間】月~金曜 10:00~23:30(受付23:00まで)
土・日・祝 11:00~21:00(受付20:30まで)
予約優先制
【休診日】勉強会・セミナーなどの参加によりお休みを頂きます。

患者さまのお悩み PMS(月経前症候群)

治療院ブログ

2019/06/18 患者さまのお悩み PMS(月経前症候群)

こんにちは、永田です。

ブログの更新も久しぶりになってしまいました。

今後はしっかりと情報をアウトプットしていこうと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日のお悩みは女性患者さまのPMS(月経前症候群)です。

 

 

1424538

 

 

症状としては以下のものがあげられます。
・胸が張る

・眠くなる

・にきび・吹き出物・肌荒れが起こる

・だるい

・食欲が増す

・便秘

・肩こり

・頭痛

・イライラする

・感情の起伏が激しくなる

・気分が落ち込む

・集中力低下

・無気力感

 

PMSには女性ホルモンの変動が関わっていると言われています。

排卵から月経までの期間(黄体期)にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。

この黄体期の後半にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことがPMSの原因と考えられています。

この黄体期の後半のエストロゲン、プロゲステロンとともにセロトニンの分泌が低下します。

病院ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というセロトニンの濃度を上げる薬が処方されます。

 

セロトニンの作用とそれに対応する症状として

 

・心の安定         →イライラ、感情の起伏が激しくなる、気分が落ち込む、食欲が増す

・意識の覚醒        →集中力低下、無気力感

・自律神経の調整      →眠くなる、肌のトラブル、怠さ、便秘、肩こり、頭痛

・痛みの抑制

・抗重力筋・表情筋への働き

 

がありますので、低下したセロトニンの分泌量を元に戻してあげると、PMSの症状の改善が見込めます。

 

当院ではストレスにより低下したセロトニン分泌量を元に戻す「セロトニン活性療法」を行っております。

PMSのみならず

・更年期障害

・不妊

・うつ

・パニック障害

・自律神経失調症

・不眠

・耳鳴り

・めまい

・慢性疲労感

などの症状にも対応しております。

 

ご不明な点などあればお問合せ下さい。

皆様の悩みに対してお力になれれば幸いです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鍼灸指圧永楽堂
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル506
TEL: 03-6886-8297
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TOP