患者様の悩み ゴルフ肘

鍼灸指圧永楽堂

03-6886-8297

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル506

【診療時間】月~金曜 11:00~22:30(受付22:00まで)
土曜 11:00~21:00(受付20:30まで)完全予約制
【休診日】日曜

lv

患者様の悩み ゴルフ肘

治療院ブログ

2017/11/27 患者様の悩み ゴルフ肘

こんにちは、永田です。

昨日は出かけようと思っていたのですがどうにも寒くて結局外出せず、

結局家で散髪と掃除をしただけでした。

僕は九州出身なので寒いのは苦手です。

出不精になりデブ症になってます。

寒い中働いている人を見ると頭が下がりますね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日の患者さまのお悩みは肘の内側の痛みです。

先日いらした患者さまですが、肘の内側・外側で交互に痛みが出るという状況でした。

運動歴を確認したところ、ゴルフ・テニスをやっているということでした。

肘の痛みの場合、

〇内側:ゴルフ肘

〇外側:テニス肘

と呼ばれることが多いです。

 

今回は内側の痛みである「ゴルフ肘」を考えていこうと思います。

 

正式名称は「上腕骨内側上顆炎」と言います。

上腕骨内側上顆は下の写真の青丸の所です。

肘を曲げた時に出来るしわの延長上にあります。

dsc_0181

 

痛みが出る状況としては例えば

・ゴルフをやってる時

・重たい荷物(買い物袋など)を指で持ち続けた時

・長時間フライパンなどを振った時(家事)

・長時間のデスクワーク

上記の3点に共通しているのは「指・手首・肘を曲げた状態を維持している」という事です。

 

内側上顆には以下のような筋肉がついています。(カッコ内は筋肉の働きです)

・尺側手根屈筋(手首を掌側に曲げる、手首を親指側に曲げる)

・長掌筋(手首を掌側に曲げる)

・浅指屈筋(指・手首を掌側に曲げる

・撓側手根屈筋(手首を掌側に曲げる、手首を親指側に曲げる、前腕をお腹側に回す)

・円回内筋(前腕をお腹側に回す

これらの筋肉の緊張が続いた結果、筋肉の付着部である内側上顆に痛みが起きるというわけですね。

 

対策としては単純ですが「手首をよく動かして前腕の筋肉を柔らかくする」ことです。

長時間同じ姿勢が続くと筋肉が緊張しやすくなります。

デスクワークの場合、それに加えて仕事の緊張も加わるため、余計に筋肉が硬くなります。

「1時間に1回手首を動かす」くらいのつもりでいた方が良いですよ。

 

ゴルフをやる方はダフらないように注意することも大事です。

またスイングの際に余計な力を入れないことも大事です。

(ゴルフのスイングに関しては詳しくないので助言は出来なくて申し訳ございません・・)

 

また、痛みがある時は触って熱感がないか確認してください。

熱感がある時は炎症が起きている証拠です。

そういう時は冷湿布などで冷やして無理に使わないようにしてくださいね。

無理な練習は悪化、治癒の遅滞に繋がります。

まずは治療に専念することをお勧めします。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鍼灸指圧永楽堂
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル506
TEL: 03-6886-8297
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TOP