引っ越しとぎっくり腰

鍼灸指圧永楽堂

03-6886-8297

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル506

【診療時間】月~金曜 11:00~22:30(受付22:00まで)
土曜 11:00~21:00(受付20:30まで)完全予約制
【休診日】日曜

lv

引っ越しとぎっくり腰

治療院ブログ

2017/10/09 引っ越しとぎっくり腰

 

こんにちは、永田です。

私事ですが、昨日引っ越しをしました。

お店に近くなったので通勤時間がおよそ半分になりました。

が、日ごろの運動不足解消も兼ねて自転車通勤をしているため、メタボ化が一層進みそうです・・・

 

引っ越し業者さんが2人体制で来てくれまして、1時間30分くらいで引っ越し完了しました。

手伝おうかと思ったのですが、下手に手伝うと腰を痛めそうだったのでおとなしく眺めていました。

 

sick_gikkurigoshi_man

 

引っ越し時期の前後で多くなる症状として「ぎっくり腰」があります。

パターンとしては

①荷物を持ち上げた際

②荷物を段ボールに詰め終わり、立ちあがった際

などでしょうか?

 

①の場合、重たい荷物よりも軽い荷物を持った際に起きている場合が多いです。

重たい荷物を持つ場合は脳が「重たい荷物を持つぞ!」と心構えをさせるので、荷物の重さと筋力の釣り合いが取れています。

しかし、軽い荷物の場合は心構えをしていない場合が多く、荷物の重さと筋力が釣り合わないことがあります。

(階段を降りている時に段差があると思って降りたら、実は段差がなかった時など

想像してみてください)

そうなると、腰部に思った以上の力が加わってしまい筋肉を傷めてしまいます。

また、軽い荷物の場合、横着をして荷物に近寄らず少し遠い位置から変な姿勢で荷物を持とうとした結果、腰に予想外の負担がかかり筋肉を傷めるという事もありますね。

 

②の場合、段ボールに荷物を詰めている時は同じ状態のまま長時間作業をしていると思います。

そうすると筋肉が凝り固まってしまいます。

そのまま、立ち上がると筋肉が急に引き伸ばされて痛めてしまいます。

 

①・②ともに、急に負荷がかかり筋肉が伸ばされて損傷しています。

余裕を持って作業をするだけでもぎっくり腰になる可能性は減ります。

引っ越しに限らず、物事は計画を立てて余裕を持ちながら行うよう心掛けたいですね。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鍼灸指圧永楽堂
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル506
TEL: 03-6886-8297
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TOP